モロクに寄った時は真っ先にゆあの元へ。



----------------------------------------------------


カプラ前にえーりんさんが居たので声をかける。



11月17日の記事 の差額分を渡したいという。
正直どうでもよかったが、無下に断るのも失礼だと思い、受け取ることに。



9kゼニー盛ってくれた。
なにか申し訳なかったね。勝手にネタにしてしまって・・・。またするけど。

「ブログ毎回見てます!」と、再び言い忘れてしまった。



(`・ω・´)b グッ!


買取露店が実装され、買取チャットを立てて取引するのはカードの購入希望者くらいだ。
ああいった古臭いシステムの人と人とのやり取りがMMOらしくて好きだったのにな。
知らない人のチャットルームに入って挨拶して、アイテムとゼニーの取引する。この行為は最初の頃とても緊張したな。

不便だなと思っていても、いざ便利になってしまうと、どこか寂しささえ感じてしまう。
いや、やっぱり便利なほうがいいんだろうな。

----------------------------------------------------

1月18日。真紅Gで滅多に行かない棚に。




----------------------------------------------------

ソロET

ソロと言っても修羅との2PCだ。
支援に荷役、そして修羅スキルの活が私には不可欠だ。

前回、40Fのハティに攻撃が全く当たらなかったので、今回はグングニールを引っ提げてリベンジ。



苦戦するも撃破し、ソロETで初の40F攻略。

その後も順調に(何度か死に)進み、60F。
ついこの間までドッペルゲンガーと1vs1でやり合うなんて思ってもいなかった。


昔、自分には倒せないと思っていたからな。倒せたのは嬉しかった。
だが、その喜びに浸る間も無くセニア(MVP)にやられる。


アイスが切れて回復手段を失っていた。


一週間後、再び登頂。

毎回なにかしら忘れ物をする。
装備欄とアイテム欄とを睨めっこし、今回こそは忘れ物が無いことを確認。
入場してすぐに水鎧と水肩を持ってきてないことに気づく。

それでも20Fの船長もなんとか倒せた。
40Fではハティと交戦中にストームナイトが突っ込んでくるハプニングに見舞われる。
MVP二体を同時に相手にする羽目に。



そんなこんなで前回と同じように60Fまでたどり着く。今回はまだ死んでない。




死んだ。
またセニア(MVP)で終わってしまった。

この階を攻略するには、私にはまだ時間が必要なようだ。

----------------------------------------------------

真紅GでET。
隔週土曜日の予定だが、都合で一ヶ月以上行けなかった。久しぶりにギルドで登頂。




85Fのイフリートを倒し、登頂新記録を達成。念願の85F突破。

特にこれといったレアは出なかったけど、よくここまで来れたなと。
レベルも高い人で110くらいだったからな。

----------------------------------------------------

時々行くフィゲルのメモリアルD。


まだカードは出たことないけど、好きな狩場のひとつです。

----------------------------------------------------

スケルトン



----------------------------------------------------

入った瞬間、来る場所を間違えたな、と。



----------------------------------------------------

両端が俺。



----------------------------------------------------

Loki鯖のとある方のニコ生放送。
これはマインクラフトかな?「おりがみ」という文字を作ってくれた。



ありがとうね。コミュ参加してます。

----------------------------------------------------

「Oasis」(オアシス)の「Whatever」(ホワットエヴァー)



1994年に発売された名曲。
※オアシスは2009年に解散

なにかに急かされるように、まるで毎日を生かされてるかのように錯覚する時がある。
いつの間にか誰かのペースに自分を合わせてしまっていたり。
そんな時は、この曲を聴いて自分が落ちつけるペースに戻してあげてるんだ。

曲も声も歌もいい。そしてなにより詩がいいんだ。


>なんだろうと自分が選んだものに
>オレは思いのままになれるんだ
>その気になればブルースだって歌ってやる



じゃあね。またね。バイバイ


Secret