War of Emperium 2010.06.13





銀世界:AX、HiWiz(1PC)
HUNK:HiPri、チャンプ、鳥(3PC)

↓前半戦不参加3名
Bettencourt:LK(1PC)
なす:リンカー(1PC)
オリガミ:LK、鳥、HiWiz、Pri(3PC)・・・30分遅刻

----------------------------------------------------------

コール数:7回

<20:14:28> 砦 [Valfreya Guild 2]を [墨谷二中] ギルドが占領しました
<20:36:14> 砦 [Nidavellir Guild 3]を [墨谷二中] ギルドが占領しました
<20:40:42> 砦 [Nidavellir Guild 4]を [墨谷二中] ギルドが占領しました
<20:42:48> 砦 [Valfreya Guild 5]を [墨谷二中] ギルドが占領しました
<20:53:22> 砦 [Valfreya Guild 2]を [墨谷二中] ギルドが占領しました
<20:55:38> 砦 [Valfreya Guild 5]を [墨谷二中] ギルドが占領しました
<21:22:56> 砦 [Valfreya Guild 3]を [墨谷二中] ギルドが占領しました



銀世界はチェイスでINしなかったようでEMCは0回。



今週からHiWizで。






レポートまがいの物はSNSにて。



「Silver Wing」(りのせぴ同盟)がF1砦を7週連続で取得中。

----------------------------------------------------------

tzのヴァルさん。

パリィ反射死

----------------------------------------------------------

ソラミニさん粘着すんなw



昔所属していたギルドでメンバーだった方。
チャンプ転生おめでとう。

----------------------------------------------------------

くましゃん


----------------------------------------------------------

「Cyndi Lauper」(シンディ・ローパー)の「Time After Time」

どこで聴いたっけ・・・



どこか悲しく聞こえる。

----------------------------------------------------------


スレより転載。2006年だからちょい昔。



49 :(^ー^*)ノ~さん :06/02/04 08:42 ID:x56I58hV
[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
「おはよう!ミルク頂戴!」
はい。いつもありがとね。
「ハエの羽20枚ヨロwwww」
はい、おまちー。

[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
「騎士団でカリツcゲト~10Mイタダキだぜぃ」
「禿からカード帖を頂戴してきたよ」(話しながら通り過ぎる騎士とWIZ)
・・・・・・

[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
「昨日は転売で5M稼いだかな」
「俺3Mやっとwwwザwコwスwギwwwwっうぇ」(通過する商人たち)
・・・・・・


50 :(^ー^*)ノ~さん :06/02/04 08:43 ID:x56I58hV
[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
「なあ、そこのアルケミさん。そう、あんただよ。こんなショボイ商売して何が楽しい?」
「必死に一日売っても50Kがいいとこだろ。」
「オレと組んで一からやり直さないか?自慢じゃないが、オレはでけえGvギルドのメンバーなんだぜ?」
「製造ピッタリのアルケミに育ってランキングに入って、製薬で大儲けだ!」
「毎週のGvで活躍したって良い。狩りなんて座っていればいいんだぜ?」
・・・・・・
お断りします。

[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
「けっ!気取りやがって。」
「そうやってミルク売って、うわあみんなの役に立ってるぅって自惚れてんのか?」
「他人のために売るんならミルク19zで売れや。結局儲けは取るんだろ?セコイ奴だぜ。」

ふうっとため息をつく。
あなた、――ってアルケミストを知っていますか。
「ああ、定評ある上位ランカーだな。ウチで引き抜こうとしていたんだが、あのチンケなギルドを抜けやしねえ」
昔からの知り合いなんですよ。彼、なんでアルケミになったかって聞かれてどう答えたと思います?
―考えてもみろよ、世界中で俺の名前が入ったポーションが超一流のプロに愛用される、―
―それってとんでもなく凄いことだと思わないか?―
ってね。それと同じなんです。
「同じ・・・?」


51 :(^ー^*)ノ~さん :06/02/04 08:44 ID:x56I58hV
[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
ここで売られたミルクが様々な狩場へ職業も腕も様々な冒険者と共に旅をし、飲んでもらえる。
あなたのいうたかが利益2zしか出ないミルクがですよ。それってとんでもなく凄いことだと思いませんか。
「・・・・・・」
ノービスのころ、下水で大量の盗虫に襲われたとき、
アルケミさんから買ったミルクを必死に飲んで助かったんです。
私の場合は、こうやってその人みたいにミルクを売りたくって、それでアルケミストになったんですよ。
「・・・そういうものなのか?」
はい、そういうものなのですよ。
そして、静かに微笑んだ。

[ミルク21z ハエ47z 蝶238z ですよ]
「ちはー!ミルクと蝶欲しいっす!」
あい。頑張ってね。
「ミルク500本よろしく~」
はい、おまちどうさま。



----------------------------------------------------------


132 :(^ー^*)ノ~さん :06/06/22 15:51 ID:neGkRHj7
私はアサが好きで、アサ一筋で育てていた。
ギルドに属していたので、ギルド狩りには行くことはあったけど、
接続時間が少ないこともあって、基本的にソロが多かった。

どこのギルドでもそうだと思うけど、何人か幽霊部員的な人がいた。
私はこのギルドに属して半年くらいだけど、一度も見たことがない人もいる。
そのプリさんはまさにそんな人の一人だった。

ログインしてきて、ちょこっと話をした感じではよさそうな人。
今いる狩場に来てもいいかと尋ねてきたので、
ソロ狩場で効率がよくないことをあらかじめ伝えてOKを出した。

実際に来てみると「非公平でよいから手伝いたい」という彼。
私は一方的に施しを受けることに抵抗感があるので、断りたかったが、
どうしても、と強く押されてしぶしぶ了承した。

次の日も次の日も、同じことが続いた。
私は怖くなった。ひょっとして直結と呼ばれる部類の人ではないのか。
狩り中の話は楽しいし、支援のおかげで楽でもあるのだけれど、
私は人の好意を素直に受け取れない可愛くない性格なので疑心暗鬼な気持ちも強かった。

その日も彼はログインしてきた。
また一緒の狩りなのか、と期待半分、不安半分な気持ちだった。
だが、今日はいつもとは違った。
「ゲフェン←の展望台に来てくれないだろうか?」
私はそれを聞いて思った。

やはり━━━

気持ちは一気に不安な方に傾いた。
そんな場所に呼び出すなんて、相方や結婚の申し出に違いない。
彼のことは嫌いではないけど、まだ会って4日目なのに強引で性急過ぎる。
断ったら何をされるだろう・・・そんな不安を抱えつつ指定の場所に向かった。
でも、彼が言い出したのは意外なことだった。

「僕は今日、アカウントを消すつもりなんだ。」

久しぶりにROに接続したので、挨拶のために4日だけいたらしい。
だったら私なんかと一緒にいてもよかったのだろうか?


133 :(^ー^*)ノ~さん :06/06/22 15:51 ID:neGkRHj7
「今までありがとう。そして、ごめんね。
 何もしてあげられなかったけど、最後に、あなたが欲しがってたものをあげます。」

???
訳がわからなかった。
何故お礼を言われるの?何故謝るの?
私が欲しがっていたものって何?
それに何故あなたがそんなことを知っているの?

取引窓に乗せられる天使のHB。
私は慌ててキャンセルした。
「こんな高価なもの受け取れません。」

それに応えて、/うんうん、とエモ出して、
「情けない人で本当にごめんね。今までありがとう」
彼はもう一度そういった。だから、それはどういうことなのよ・・・

彼の発言が消えると同時に彼は天使のHBをドロップしてログアウトした。
待っていたけど、戻ってこなかった。
このままではロストしてしまうので、仕方なく拾って、
その後もしばらく待ち続けたけど、彼は戻ってこなかった。

確かに天使のHBはずっと欲しかったものだけど、こんな形で手に入っても嬉しくない。
ギルドの人が接続していなかったので、仕方がないので倉庫に入れることにした。
その時初めて気がついた。

+2天使のヘアバンド

「なぜ+2?」
と思ったけど、すぐに思い出した。思い当たることがあった。
+2 ━━━

私にはギルドに入る前に、相方がいた。
その時はまだアサは使っておらず、私はプリ、彼は騎士だった。

その頃に、プロ北に遊びに行ったときに、さすらい狼から帽子が出たことがあった。
彼は私にくれると言ったけど、その頃も相変わらず私は素直に好意を受け取れない人だったので、
いらない、あなたにあげる、とつき返していた。


134 :(^ー^*)ノ~さん :06/06/22 15:52 ID:neGkRHj7
彼は私のそういう性格を承知していたので、
「じゃあ、二人で一回ずつ叩いて+2にして、二人の共有物ってことにしよう。」
と言った。

意味はよくわからないけど、二人だけの特別なものという感じが気に入って、
私は結局受け取った。共有物とは言っていたけど、ほとんど私が持っていた気がする。

「いつか天使のヘアバンドが欲しいな。」
と私が言うと、
「それも+2にしよう」
と彼は答えた。私も頷いた。嬉しかった。

彼は学生から社会人になって接続がガクッと減り、ついにつながなくなってしまった。
私は彼のことが好きだったので、しばらく待っていた。寂しかったけど我慢した。
アサを使っているのは、好きだということもあるけど、プリのレベルを上げないためでもあった。
でも、長い長い時間が経ち、最近はようやく思い出すこともなくなってきた。

そして今、あの時の約束の+2の天使のヘアバンドが手元にある。
でも、彼がいなくては意味がない。
刻まれた+2の文字が、空しいものに見えた。

私に正体を明かさずに去ったのは、未練が残ることと、私に対して申し訳ない気持ちがあったからだ、
そう彼が言っていたと後からギルマスから聞いた。
それでも、少しでも話がしたくて、私の知らないキャラであるプリを使っていたのだそうだ。
ギルマスだけには事情を話してアカウント削除の時まで黙っていてもらうように頼んだようだった。


----------------------------------------------------------

慶次くん


昔の自分を見てるみたい。


ちぇむさん


----------------------------------------------------------

眞 斗






----------------------------------------------------------

わざわざこんな所まで手伝いに来てくれた方々。

愛鷹殿


ゆあ


銀世界







Job50達成。

----------------------------------------------------------

SakrayJ



キャラ作った所で止まってる。


ビタミンさん。サクライJテスト検証お疲れ様です。
自分にとっては凄くありがたい。いろんな意味で。



----------------------------------------------------------


コメントありがとうございます。


Secret